若年性腕時計病

腕時計にのめり込んだ若造の時計レビュー・感想

ブライトリング オールドナビタイマー レビュー part2

ムーブメント

f:id:SOLmachina:20200119110614p:plain
ご存じバルジュー7750を搭載しており、この時計を選んだ理由の一つです。厚さに関しては前回のスピマスデイトである程度克服しましたが、他のマイナス部分にかなり目が行ってしまいました。

時間調整時は針のブレがひどく、時間合わせは至難の技です。他にもいくつものバルジュー搭載機を操作してみましたが、これはバルジューに共通する仕様のようです。それに加え、しっかりと合わせたつもりでも後で分針がずれることも多々ありました。時間の合わせやすさを重要視している者にとっては致命的なマイナスであり、この時計を止まった状態から始動するのを躊躇してしまいます。一度パワーリザーブがなくなったらその後の時間合わせが煩わしいので、使い始めたら連日使って動かし続けるつもりでいないとかなりの不便を被ります。

所有していた個体はマイナス5秒程の日差でした。機械式時計ユーザーには分かると思いますが、基本的にマイナスよりプラス日差の方が好まれます。 多少精度が悪くてもいいので、プラスになる様にして欲しいですね。スピマスデイトもマイナスだったので、バルジューがそうなりやすい機械だと反射的に疑ってしまします。たまたま選んだ個体が両方そうであっただけなのを願っています。

手巻きの感覚はとても重たく、音が控えめなので巻き上げる手応えを感じにくいで苦手です。一番巻き心地が軽いはずのパワーリザーブがゼロの状態でも、この様な巻き心地なので、手巻きの楽しみはありません。止まった後の始動を躊躇に拍車をかけています。

クロノグラフプッシャーの押し心地は総じて硬く、簡素です。スタート、ストップ、リセット共に、ちょっと力を入れても押し込んでもプッシャーがビクともしません。ある一定の力を込めるとビクともしなかったプッシャーが唐突に「ガツンッ!」と押し込まれます。ロレックスのデイトナの様なバネの感触が好きなのですが、その様な物は一切感じません。やはり好きな押し心地ではありません。

 

サイズ

ケースサイズは41.5mmで大きめ。文字盤はそのケース系の大きさに釣り合うほどの情報量があるので、キッチリとその大きさの理由づけはされています。

ケースの厚さは15mmです。やはりバルジュー搭載機なので、これ程の厚さは覚悟でしていました。これでもバルジューとしては標準的な方なのが驚きです。かなり厚いので中々袖に収まりませんでしたし、とてもぶつけやすくもあったので日常使いには少し厳しかったです。

ラグ幅は22mmで、私の持っている時計の中では珍しく、ベルト交換の機会はありませんでした。大きめの時計ではよく見るサイズですが、今まで手を出していなかったので交換できるベルトを持っていませんでした。

ケースの全長(ラグの端から逆側の端まで)は48mmで手首にギリギリで収まります。

とてもボリューム感があって、手軽には着けられませんでした。私の細腕の上で異物が出っ張っている様で、明らかに許容サイズの上限を超えていました。後述の装着感である程度大きさと重さは誤魔化せますが、やはり大きいものは大きいですね。

 

ケース

f:id:SOLmachina:20200118104356j:image

圧倒的なボリューム感を醸し出しています。厚さとケース径の組み合わせで。手首の上で大きな鉄の塊が乗っているようです。

 回転計算尺を回しやすくするために、グリップとしてベゼルの淵が凹凸になっています。ダイバーズウォッチのベゼルにも同様の加工がよく見られ、好きなビジュアルです。初めてナビタイマーを見た時、文字盤の情報量とこのベゼルの組み合わせのインパクトが物凄く、度肝を抜かれました。最近のナビタイマーはベゼルの淵がビーズ状なのですが、これは好きではありません。

防水性能は現代の腕時計としては最低限レベルの3気圧。パイロットウォッチなので防水性能は重視しない設計なのでしょうか。クロノグラフという事もあり、日常生活ではもっと防水性能があった方が安心できます。f:id:SOLmachina:20200118104623j:image

 両球面の無反射コーティングが施されているサファイア風防です。これ程のごちゃついた文字盤であれば、ほぼ必須の装備でしょう。これで非無反射風防だったら時間確認の度に、映り込む反射像、計算尺、サブダイアルと戦わなければいけないので相当ストレスになります。手持ちのIWCメカクォーツ以上に悲惨な事になっていたでしょう。

 

一旦ここで区切ります。続きはpart3にて。

ブライトリング オールドナビタイマー レビュー

パイロットウォッチ好きを自称するからには、一度は持っておきたいと思っていたブライトリングのナビタイマーです。通常、私が好むパイロットウォッチはiwcの様なシンプルなものですが、この複雑なデザインもカッコよく男心を刺激しますよね。

以前ツイッターで呟きましたが、バルジューを実験としていくつか持って見ようという構想がありました。この時計はその構想の為に選んだ二本目です。

ブランドとしてもブライトリングは以前から装着感の高さや外装研磨の精度気になっていたので、 丁度いい機会でもありました。

 

フェイス

f:id:SOLmachina:20200111111412j:image

ぱっと見で、文字盤に情報がかなり凝縮されています。このフェイスから分かる情報は時間、日付、クロノグラフによる経過時間、回転計算尺の計算結果の四つです。これらの情報が文字盤にギュッと詰め込まれている様子は、プロフェッショナルな雰囲気を醸し出してくれます。

サブダイアルの大きさと配置のバランスは違和感がありません。計算尺を考慮した上でのサブダイアルの間取りだという事がわかります。さすがブライトリングなだけあって、計算尺クロノグラフの制作ノウハウがこのデザインなんとなく伝わってきます。一見煩雑な文字盤ですが、しっかりと配置が考えられていて最大限まで綺麗にまとめようとしているのがわかります。

よく見ないとわかりませんが、サブダイアルの針が青焼き加工されています。普段はほとんど黒に見えますが、強い光に当てると綺麗な青色になります。通常時は気づきにくい色合いなので地味な要素に思えますが、私の中では正解の判断です。ただでさえ文字盤の情報量が多い中、針が青々と主張してくるとうるさくなる可能性があります。敢えて目立たせないような綺麗な青にしているのを見ると、一種の品性を感じます。

f:id:SOLmachina:20200111111549p:image

いつものバルジュー搭載機らしく、3時側にデイトがあります。ノンデイト主義なのでマイナス点です。しかし、デイト表示によって文字盤がより複雑に見えるので、カッコ良さが増す側面もあるかもしれません。それに加え、仮にノンデイトだと三時側だけ不自然に間延びする可能性もあるので、デザイン的には正解かもしれません。

時分針は初めて所有する形で、名前が不明です。針の先端が最大限まで鋭くなっているので、どこを指しているのかを十分の一ミリ単位までわかります。そして、分インデックスまできちんと伸びているのも高級機の醍醐味ですね。この形もかなり視認性がありますが、普及していないので少しもったいないですね。他の時計で見たことありません。

ブライトリングにはいくつかの種類のロゴがありますが、この時計が採用しているのは80年代から一部の現行品に使われている物です。クロノ秒針の逆にもロゴがあります。時計の一部分にさりげなくロゴを使うのはとても好みの演出です。

f:id:SOLmachina:20200111113052j:image

ちなみに私が一番好きなのは「ツインジェット」と呼ばれるこのロゴです。アンティークに見られるものです。

ごちゃごちゃしていて視認性を懸念していましたが、慣れれば問題なく一瞬で時間を読み取れます。手持ちの時計達程視認性が高いわけではありませんが、それを上げる為の最大限の工夫を感じ取れます。

 

一旦ここで終わります。続きはpart2です。

ノモス チューリッヒ レビュー part3

 

ケース

使ってて気になったのがケースの傷つきやすさです。こちらとしては細心の注意を払って着用しているはずなのに、へこみや小傷が簡単についてしまっていました。特にベゼルの角が立っていたので、へこみになりやすい部分です。高級感のある時計にはあまり傷をつけたくないので、すぐに傷がつくのはマイナス点です。この様な耐久性の無さは、ガシガシ時計を使う自分には合わない要素でした。

全面鏡面仕上げなのも自分の好みに合わず、小傷が目立つのに拍車をかけていました。この時計をして、初めて鏡面仕上げへの苦手意識を自覚しました。サテン仕上げベースの時計を好む様になったのは、これがきっかけかもしれません。定価50万前後の時計にしては仕上げのレベルもそれ程高いわけでもなく、同じ価格のIWCの方が何枚も上手な印象です。

ラグが長く、腕に沿うように曲げられていません。ラグが手首から浮くようになってしまって、不恰好になってしまいます。ラグが曲げられていないのは、手首が大きな人を想定しているからでしょうか。しかし、ラグの形状は万人に合う様に作って欲しいです。これは深刻な問題で、これを手放した最大の原因です。さらにラグが長い分、革ベルト装着時にフラッシュフィットに大きな隙間が生じ、不格好になります。手首の上で視覚的にしっくり来ない時計は、どれだけ高価でも長続きはしないと気づきました。

風貌は無反射コーティングがなされており、どの角度でも用意に時間を視認できます。文字盤、針、この風貌の組み合わせによって最高の視認性を実現します。ベゼルがとても薄く、ガラスの面積が時計のフェイスのほとんどを占めています。これほどの大きいドーム状のサファイアガラスだと、かなりコストがかかってそうです。

f:id:SOLmachina:20191227151341p:image

あまり目立たない特徴として、ケースのリューズ付近が隆起しています。結果としてリュースが出っ張っています。手巻き時には掴みやすくていいのですが、見慣れないので少しいびつです。出っ張っている分リューズが手の甲に当たりやすく、少し気になっていました。

防水は3気圧で、現代の時計としては最低限レベルの性能です。ノモスのドレスウォッチはほとんどこの数値で、これ以上の性能を持つ製品はクラブやタンジェントスポーツなどです。日常生活で滅多な事では水分の侵入はありませんが、不安が残るのであともう少し性能を上げて欲しいです。

 

総括

時計好きになって初めて買った高級時計で、一年間ほぼ毎日間着けていたくらい気に入ってました。これが持つ文字盤の美しさと優れた視認性に魅了され、とても充実した時計ライフを過ごせました。その影響か、この頃が一番腕時計を楽しんでいたかもしれません。

しかし、高級時計に傷つけを付けない様に常に注意しながら着けていたのですが、それがストレスになっていました。それに加えてラグ造形の問題もあり、手首との視覚的不一致が強かったのが致命的になりました。どれほどいい時計でも、自身と合わなければいずれ手放す事になった例でした。

このブランドに関しては「ノモスは外装の為の加工ではなく、どちらかというとムーブメントに力を入れるメーカーなんだ」と感じました。方向性としては私が求めるのと大きく異なるので、今後このブランドから買うことありません。ですが、楽しませてもらった思い出もあって好きなので、新作などのブランドの動きには注目しています。

初心者にとっては若干扱いにくい時計で、同じ値段で無難にオメガかIWCを選べばよかったと後悔もしました。この様に文句はありつつも、持っていてとても楽しい時計でした。自分の方向性を強く決めるきっかけになった、いわゆるターニングポイントの様な一本でもあります。

2019年の振り返り

今年も残すところあとわずか。

リアルでも時計ライフでも大きな変化があった年でした。主に起きた事は以下の通りです。

 

ブログ開設

人様のブログを張り付く様に読む様になってから、自分のブログも開設したかったのですが、持ち前の行動力のなさによって数年間も引きずってしまいました。とうとう解説する事ができ、やはり人生を決める大部分は行動力だと実感しました。

記事を書いている手応えとしては、不慣れでまだまだ至らない部分があるので、これから上達していきたいです。書いている途中でも、文章や構成のちぐはぐさが気になってかなり悩んでいます。来年はこの部分が良くなっているように頑張る必要がありますね。

まだまだ記事数も多くありませんが、当ブログをこれからもマイペースに徐々に充実していくつもりです。

 

ツイッター開設

ブログの直後に開設し、本ブログのサブとして機能しています(関係ないツイートも多いですが)。

様々な情報に触れて見識が大幅に広くなり、自分もまだまだ知らない事だらけだと改めて分かりました。

フォロワーさんとの交流もあり、今までできてなかった時計トークの願望も部分的に満たす事ができました。リアルでは同世代で腕時計に詳しい人が全くいなかったので、非常に貴重な体験をさせて頂きました。

 

バルジュー7750搭載機への挑戦

f:id:SOLmachina:20191228124421j:image
f:id:SOLmachina:20191228124417j:image

機械式クロノグラフに興味を持った頃からうるさいほど目にしたムーブメントですが、その厚さから今まで敬遠し続けていました。実際に使ってみると、時計の厚さはケースの造形次第では許容できるものだと気付きました。

これによって自分の許容できる厚さの上限が上がりました。クロノグラフに限らず、今まで厚さのせいで諦めていた時計達にまた目を向けることができました。自分の中の制限が取れたので、このチャレンジをしてよかったと思いました。

厚さはある程度克服できましたが、また別の理由でこのムーブメントが苦手になりました。その理由とは操作性の悪さで、自身が使う事でしか実感できない問題でした。詳しくは近日投稿する予定のオールドナビタイマーのレビュー記事内で解説するので、ぜひ読んでみてください。

 

クロノマスター、クロノシュポルト購入

f:id:SOLmachina:20191228124430j:image

この一年だけで二本も買ってしまいました。できれば一年に一本のペースで抑えたかったのですが、買うつもりがなくても面白い時計探しをしていると自然に買ってしまうものですね。

買ったは良いものの、以前ほど買った後の満足感感じ取れなくなりました。これについては手持ちのIWCメカクォーツの存在が起因しています。これは約20万で購入したのですが、この値段以下の時計を購入してもこのIWCの満足度を超えるのは不可能だと悟りました。それほどIWCは完成度が高く、それを超えるのが難しいのです。この事があり、時計収集も一区切りつきました。この満足感を超えるにはやはり上の価格を狙う必要がありそうです。

今までのコレクションの方向性はなるべく廉価価格で逸品を探す事でしたが、今後は高級ブランドのエントリーレベル程度の物を手に入れたいと思います。自分が好む価格帯ではどうしても制限があるみたいなので。狙っているのは高級時計入門の定番であるスピマスプロなどでしょうか。

 

以上のように、時計趣味で大きな動きがあった年でした。ブライベートの面もかなり混沌としていたので、人生全体でも忘れられない歳になりそうです。来年はどの様な年になるのか楽しみですね。読んで頂きありがとうございます。それでは良いお年を。

ノモス チューリッヒ レビュー part2

ノモスチューリッヒレビューの続きです。 

 

ムーブメント

f:id:SOLmachina:20190830152724j:plain

搭載しているムーブメントはノモス自社ムーブメントのイプシロン。昔のノモスはetaを改良した物を搭載していましたが、現在は全ての時計に自社ムーブメントを採用しているようです。購入当時は自社ムーブメント搭載に惹かれました。今となっては自社ムーブには惹かれませんが、このムーブメントは好きでした。

自動巻のローターの動作がスムーズです。ローターが回ると、キリキリとした音を出し、巻き上げを音で感じ取れます。それまでに購入したオリエントスターやセイコー5のローターの動作がぎこちなかったので、このスムーズな動きには衝撃を受けました。自動巻の方式の違いによるものだと思われます。それに加え、自動巻の切り替え車の動作がよくわかります。こうやってローターが両方向に回転してもゼンマイを巻き上げてくれるんだな〜と視覚で伝わります。

ムーブメントへの装飾に気合が入っています。受けに彫刻されたグラスヒュッテストライプと香箱のサンバーストによってかなり派手に光を反射します。時計のフェイスは大人し目なので、裏表でかなりギャップがあります。時計に詳しくない人たちからしたら高価には見えませんが、実は高いんだぜという最高の自己満足を味わう事ができます。今まで見た一番好きなシースルーバックです。

手巻きの感覚は、今までで経験した自動巻時計の中で一番好みです。大抵の自動巻の時計は手巻きがメインじゃないせいか、巻き上げの感覚があまり良くない傾向があります。巻き上げた感じはとてもスムーズで、キリキリした音と感触をしっかりと味わえ、反発も程よく感じます。持っていた時計の中で唯一、手巻き時計と遜色ないくらいの上質な巻き心地でした。

私が所有していた個体は日差が+2〜4秒ほどで優秀な部類です。

難点としては、時間合わせが少しやりにくいところです。リューズ操作で時間を合わせるとき、針がフラついて合わせたい位置にしっかりと合わないことが多いです。針がインデックスにしっかり届いている分、この面は特に目立ちます。

耐磁性能がほぼゼロです。所有していた間に一度だけ症状が重い磁気帯びをしました。自宅に置いてある時は磁気から遠ざけていたので、心当たりのある原因は腕時計をつけている左手でスマホを操作していたことでしょうか。もし本当にこれで磁気帯をしたなら日常使いとしては心もとないです。

以上の事から、やはり外装ではなくムーブメントに注力するメーカーだと分かります。

 

サイズ

ケースサイズは39.8mmでやや大きめ。ベゼルが薄いので数値より大きく見えます。

ケースの厚さは9.6mm。自動巻時計としては薄い方です。

ラグ幅は20mmでスタンダードなラグ幅なのでストラップの交換に適しています。

ケースの全長(ラグの端から逆側の端まで)は50mm。ケース径を考慮するとかなり長めに作られています。そして問題なのが、この長さのせいで私の手首からはみ出てしまうところです。

購入当時はケース径が40mmという事を懸念していましたが、それは問題にはならない事がわかりました。当時は39mmが限界だと思い込んでいたので、当時は決断するまでにかなり迷いました。しかし実際に使ってみて、ケース径ではなくケース全長が装着に大きく影響すると気がつきました。

 

ここで一旦区切ります。続きはpart3にて。

 

ノモス チューリッヒ レビュー

オリエントスターを購入して腕時計沼にどんどん深くハマっていった時期に、勢い余って購入したのがこのノモスのチューリッヒです。この頃はまだまだ自分の好きな青色の腕時計が多かった頃ですね。いろいろ考えて手放して今はもう所有していませんが、この時計のことを思い出すと今でもうっとりしてしまいます。

f:id:SOLmachina:20190830150052j:plain

 

文字盤・針

これを手にしてすぐに眼に映るのがこの美しい青文字盤。この時計のより美しい青文字盤を見たことがありません。文字盤に当たる光がサンレイ仕上げによって綺麗に反射をしてくれます。手持ちのオリエントスターの紫がかった青とは違って、こちらはターコイズ寄りになっています。この色は夏でも活躍できそうな出で立ちです。

夜光塗料が全くないので、暗所での視認性はほぼありません。そういった面は不便ですが、暗所に行く様な用事では着けないのでさほど問題にはなりません。加えて、この類の時計では夜光無しの方が上品さを保てます。カラトラバやサクソニア等の雲上ブランドのシンプルな三針にも夜光塗料がない事からもわかります。

針の仕上げが少し雑でした。時分針の中心が山折になっていて、その折り目が縮れたような線になっていました。定価50万の時計としては物足りない部分ですね。遠目で見れば気づくことはありませんが、時計を近くで眺めて楽しむ自分としては残念な点です。

針の仕上げ自体はイマイチですが、サイズが完璧でした。時分針ともに幅広で視認性を上げてくれます。幅広だからといって太く見える訳ではありません。針がかなり長いので、幅広でありながらスリムに見えます。そして、ミニッツインデックスに対して針が十分に伸びています。

ベゼルが薄い分、時計のフェイスはほぼ文字盤です。ケース径の割に文字盤のサイズが大きいので、視認性がよくなります。本来これほど大きな文字盤の三針はデザイン間延びしてしまうのですが、スモールセコンドを採用する事でそれを防いでいます。このスモールセコンドのサブダイアルが少し文字盤の中心によっている気がしますが、デザインが崩れているように感じません。大きな文字盤がスモールセコンド一つによって調和が取れています。

以上の様に針、インデックス、サブダイアルのサイズと配置のバランスが完璧で、洗練されています。

 

 べルト・ストラップ

コードバンストラップを使用していますが、ベルトの穴が足りず、私の腕に合いませんでした。やはり大きな手首を想定して作っている事が分かります。表面の質感がよく、程よく綺麗に光を反射してくれます。一般的な新品の革ベルトはとても硬く装着感が劣るのですが、こちらはしなやかで着けやすそうです。しかし、このベルトはジャストサイズでつけられなかったので装着感の評価ができません。

合うベルトの種類と色がかなり限られており、バリエーションを楽しめません。好みであるnatoストラップは当然高級感のある時計には合いません。合わせるなら革ベルト一択でしょう。青文字盤に合う色も少なく、基本的に黒、茶色、青になります。

 

一旦ここで終わります。続きはpart2で。

オメガ スピードマスターデイト 3513.50 レビュー part2

ベルト

f:id:SOLmachina:20191205150740j:plain

バックルに微調整穴がなく、腕にちょうどいいサイズで着用できませんでした。一つコマを外せばキツく、一つコマを足すとブカブカになってしまいました。微調整ができないならコマのサイスを細かくして様々な腕のサイズに対応可能にするべきです。この問題により、装着感を評価することは不可能です。代わりに、natoストラップにして着用していました。

f:id:SOLmachina:20191205150901j:plain

コマの一つ一つが楕円形になっています。この仕様はスピマスプロのメタルブレスと同様です。実際この形状のコマがどの様な装着感なのか気になっていたのですが、上記の問題により不明のままです。この形状を見ただけだと装着感が悪そうに見えますが、どうなのでしょう。

ブレスの高級感はありませんが、スピマスリデュースドの様な安っぽさは感じさせません。コマがずっしりとしていて、心地よい重みを出しています。仕上げもサテン研磨がメインなので、自分の好みに合っています。適切なサイズでつける事が出来れば十分信頼できるものです。

 

サイズ

ケースサイズは39mm。普通のサイズなので着けやすいです。

ケースの厚さは14mm。ここは今回最も懸念していた要素。バルジュー搭載なら普通くらいの厚みですが、自分にとっては上限を超えた数値です。後述するのですが、思った程この厚さは問題になりませんでした。

ラグ幅は18mmでスタンダードなラグ幅なのでストラップの交換に適しています。

ケースの全長(ラグの端から逆側の端まで)は45mmで手首にしっかりと収まります。

ケースの厚さはかなりあるのですが、不思議と私の手首に着けていて視覚と感触的に不快に感じませんでした。  

 

ケース

f:id:SOLmachina:20191205151025j:plain

横顔はスピマス特有の独特な二段構造。しかし過去記事のスピマスリデュースドほど歪な形ではなく、普通に受け入れられる物でした。

f:id:SOLmachina:20191205151134j:plain

最大の懸念点であったケース厚は思ったほど問題にはなりませんでた。スペック上では厚みが14mmですが、想像していたボリューム感とは違いました。必ずしも厚さの数値はボリューム感に直結しないと言うことです。これを知って、今後14mmの時計も視野に入れる可能性がかなり大きくなりました。しかし、これで全ての14mmを受け入れられるようになった訳ではありません。実際にこの厚さで苦手意識がある時計も実在するので、やはり実際に着用してからの判断になります。

今まで試着した14mmの時計と異なり、腕に乗せたときの存在感が程よく、比較的スマートに見えます。日常生活においても、ワイシャツの袖への収まりがスムーズで邪魔になりませんでした。先述の二段構造になっている点も厚く見えにくいポイントです。ケース横を見て厚さを感じてしまう事が多いので、それが分割されて厚さを感じにくいのかも知れません。

仕上げの大部分がポリッシュなので、自分の好みから外れます。サテン研磨なのはケースの横だけなので、物足りません。ベゼルがポリッシュで、特に小傷が目立っていました。この時計の別バージョンだと黒ベゼルもあるので、ベゼルの小傷が気になるならそちらを選んだ方がいいかも知れません。

f:id:SOLmachina:20191205151752j:plain

ラグの形状はオメガによくあるねじれたもの。これは好きではないのですが着けている内に慣れてしまい、特に気にならなくなりました。

 

総評

7750に対するアレルギーを部分的に克服するきっかけを与えてくれた一本です。今まで厚さの上限が13mmだったのですが、ケースの形状次第でオーバーしても可能になりました。これによって選択肢が増え、今まで厚さが原因で敬遠していた時計にも前向きに検討できるようになりました。

以前所有していたスピマスリデュースドは、満足度の低さのせいでスピマスへの欲望が失われたことに気がつきました。今回のスピマスデイトは満足度が高く、また次のスピマスが欲しいと感じました。